私たちの教会

横浜永谷キリスト教会は、プロテスタントと呼ばれるキリスト教の流れの中にある教会で、
聖書を誤りのない神のことばとする聖書信仰、福音主義の立場に立っています。
教会の設立は、今から約30年前に、ドイツのリーベンゼラ・ミッションという団体の宣教
師によってなされました。
現在は、10名前後の信徒などで礼拝をささげている、まだとても小さな教会です。
それゆえ、お互いのことをよく知り合える、我が家のようなところです。
全国に約180の教会が加盟する日本福音キリスト教会連合というグルーブに属しています。




教会の歩み

1987年10月25日 リーベンゼラミッションのドイツ人宣教師ウェルナー・パウロカート師によっ て、
           戸塚区南舞岡の地に舞岡福音キリスト教会として発足。

1995年7月2日  パウロカート宣教師からヨアヒム・カプス宣教師に交代。

1997年3月23日 現在地である港南区下永谷に教会堂を移転し、横浜永谷キリスト教会に名称を変更。

2002年9月1日  カプス宣教師からゲルト・シュトラウス宣教師に交代。

2007年3月25日 シュトラウス宣教師に代わり、日本人として初めての栗原喜義牧師が就任。

2016年1月1日  栗原牧師退任に伴い、金子昭彦牧師が就任し現在に至る。